ヨコミネ式教育法 YYプロジェクト
心の力 プロフィール DVD・書籍 よくある質問 お問い合わせ アクセス

HOME
講演会情報
講演会申込
来園受付
ヨコミネ式ブログ
通山保育園
伊崎田保育園
たちばな保育園
ヨコミネ式ブログ
表示年月

2017/07/31
広田幼稚園 卒園旅行
『山学校演習場には、子どもたちの大きな活躍の舞台が用意されています。』

広田幼稚園 岸理事長インタビュー

平成29年7月24日から27日まで、兵庫県西宮市の広田幼稚園さんが3泊4日の“卒園旅行”に訪れました。
 広田幼稚園さんは、ヨコミネ式を導入してから12年経ちます。これまで卒園旅行兼ねての山学校演習場の自然体験合宿には、10回ほど訪れています。事前準備として6月上旬から水泳に取り組み、全員が10メートル泳げるように先生方で一丸となって指導に励んできました。子どもたちは練習の成果を存分に発揮してもらい、この経験を活かしてこれからもがんばってほしいです。
 
 10メートル泳げるようになった園児にライフジャケットを着用させることは“鬼に金棒”と語る岸理事長先生にお話を聞きました。

岸理事長先生
この卒園旅行の一番の目的は、何事にも挑戦する気持ちを身に付けることです。

岸真琴先生
 大自然の中で、子どもたちの好奇心は全開です!普段より、少しスリリングで、少し難しいことにどんどん興味が湧きワクワクします。「やってみたい!」「食べてみたい!」「できた!」と、達成感と満足感を大いに満喫できるのがこの自然体験合宿の魅力です。泣き虫や、甘えん坊な子が西宮市に帰るころには、園の先頭に立ち引っ張ってくれる成長した姿を見せてくれます。そんな姿を見るたびに、遠方から山学校に来てよかった!と、思います。

岸理事長先生
 横峯先生がいつもおっしゃっている“すべての子どもができる”という言葉が好きで、12年間ヨコミネ式に取り組んできました。ですので、この3泊4日の自然体験合宿のうちに、すべての年長クラスの子どもが、飛び込み台から飛び込めるようにしています。

岸真琴先生
 しかし、毎年飛び込み台からなかなか飛べない子がいます。去年、心も体も弱い子どもが自然体験合宿を終えて、園に帰った際に『僕がお母さんを守る!』と言って心も体もどんどん成長していきました。こんな子ではなかったので、非常に驚きました。この合宿は、普段時間のかかる子や甘やかされている子ほど、スイッチが入ってしまうのだと気づきました。


☆エピソード☆
めいか先生(通山保育園太陽の子児童クラブ 学童指導員 英語担当)とゆうとくん
合宿を通して担任の先生の声(初日について)

 ゆうとくんは、大自然にのまれて足がすくんでいました。しかし、そこに現れためいか先生とお話をしていくうちにめいか先生の楽しいところや、引き付けるところに興味を持ったようです。しかし、なかなか川に飛び込めないゆうとくんでした。そこで、めいか先生がわざと溺れてみせて、「ゆうとくん!助けて!」と叫ぶと、ゆうとくんは、ためらうことなく一歩を踏み出し川に飛び込んで行きました。
この瞬間は、ゆうとくんにとってとて大きな一歩だと担任として感じました。ゆうとくんは、引っ込み思案で、甘えん坊で、諦めも早い子でした。でも、めいか先生をどうにか助けたいという気持ちがゆうとくんの心を突き動かしたのではないかと思います。これは、その直後に飛び込み台ですぐに飛べたことにつながったと思います。この光景は、日頃のゆうとくんからは考えられない姿でした。ゆうとくんは、この自然体験合宿を通して自身の可能性を自ら見つけたのだと思うと、めいか先生の声掛けには感動しました。ありがとうございました。





ヨコミネ式をやりたい 導入園一覧 求人案内
DVDブック発売IPU 虹の学校
az.c有限会社
〒899-7402
鹿児島県志布志市有明町野井倉8474-5
TEL : 099-471-4600
FAX : 099-471-4646
© 2015 AZ.C All Rights Reserved.